F’isum

故障リスクアセスメント


応用例(1) – 製造装置の故障予測


応用例(2) – 地震によるビル劣化診断

ビルは、風や小さな地震といった外界からの力を受け、絶えず小さく振動していいます。

ビルに経年劣化があると、振動特性が徐々に変化します。

  • 劣化が進むと、振動特性の変化が加速度的に大きくなると考えられます。
  • 振動特性の変化のスピードで、ビルの品質を評価できる可能性があります。

大きな地震などによりビルが大きなダメージを受けると、振動特性は大きく変化します。

  • 大きな地震の前後の振動特性の変化量から、ビルのダメージを評価できる可能性がありあす。